『単身引越し』選ぶならどっち?引越し業者vs運送業者

MENU

引越し専門業者以外を利用する場合は?

単身で荷物が少ない場合は、
どこの業者に頼めば、安く安全に引越しできるのでしょうか?

 

単身引越しの場合、まとまった荷物量にならず、
引越し業者を利用するかどうか迷ってしまうことがあります。
そういった場合は、
運送業者を利用してお得に引越しができることがあります。

 

『単身引越し』選ぶならどっち?引越し業者vs運送業者

 

引越し専門業者以外のでの引越手段は、

1.一般の運送業者を利用する。
(ヤマト運輸、ゆうパック、佐川急便、はこboonなど)

 

2.赤帽や便利屋(軽貨物自動車運送業)を利用する。

主に、この2つの手段があげられます。
それぞれを利用する条件や、
メリット・デメリットをご紹介いたします。

 

ポイント一般の運送業者を利用する。

 

 

一般の運送業者は、レオパレスへの引越しなど、
ダンボール以外の荷物(家具家電)がない場合に候補に挙がります。

 

メリット
・確定料金で見積もりも不要。
・日時、時間指定が無料でできる。(例外有)
・契約などの面倒な手続きが不要。
デメリット
・ダンボールひとつひとつに料金が発生する。
・荷物運搬以外のサービスが受けられない。
・大きな荷物、重量物を運ぶことができない。

 

料金例
荷物サイズ:ダンボール大(160サイズ)
距離:関東⇒関東圏内

運送業者

ダンボール10個 最大料金

運搬可能重量

はこboon

16,260円

25kg以下

ゆうパック(日本郵便)

17,500円

30kg以下

佐川急便

18,360円

30kg以下

ヤマト運輸

18,360円

25kg以下

 

家具家電のない単身引越しでは、
2万円以内で引越しが可能という結果になりました。
上記の表は、全て最大料金なので実際はさらに安くなります。
数ある運送業者を調べてみたところ、
最安価格は、『はこboon』という結果になりました。

 

 

『はこboon』は、大きなダンボールでも重量で料金が決定するため、
料金面でとてもおすすめの運送サービスですが、
上記の運送業者の中で唯一、
日時指定ができないという欠点があります。

 

ポイント赤帽や便利屋(軽貨物自動車運送業)を利用する。

 

 

赤帽とは、軽トラック1台と作業員1名を、
時間限定で貸出ししてくれるサービスです。
軽トラック(畳1.5畳程度)に積みこむことができれば、
荷物量で料金が変わることはありません。
荷物少なめの単身引越しで気軽に利用できます。

 

 

作業スタッフは、直接雇用された社員ではなく、
赤帽に登録している個人事業主が担当してくれます。
引越し専門スタッフではありませんが、
その分お得な料金設定になっています。

 

<赤帽引越しの荷物量目安>
2ドア冷蔵庫×1
洗濯機×1
机×1
シングルベッド×1
衣装ケース×3
テレビ×1
洋服タンス小×1
ダンボール中×10

 

メリット
・貸し切り便の為、時間やサービスに融通が利く。
・コストパフォーマンスが高い。
・料金システムが明確
デメリット
・引越し専門スタッフ及びトラックでないこと。
・作業スタッフが1名なので、家具運搬は手伝う必要がある。
・家具梱包、建物の養生サービスがない。
・大型家電を運ぶことができない。

 

基本料金

ベース料金

11,900円〜

作業時間 2時間以内
移動距離 20km迄
車両台数 1台(最大積載量350kg)
作業人数 1名

※土日祝日は2割増
※作業時間30分超過毎に1620円加算
※移動距離1km超過毎に190円加算

 

『運送業者』と『引越し業者』どちらを選ぶ?

 

結論から申し上げると、私は引越し業者をおすすめします。

 

先述した通り、荷物量の少ない近距離引越しでは、
運送業者(赤帽)を利用しても、とても安く引越しすることができます。
とにかく安く引越しがしたい場合はおすすめです。

 

ですが、やはり引越し専門業者でないところがネックです。

 

家財や建物の養生サービスが十分でないうえに、
作業員数が1名のため、家具運搬は手伝わなければなりません。
(作業員1名追加は、2倍の料金が必要)
万が一のトラブルが発生した場合は、補償が受けられますが、
この補償内容や期間も、引越し専門業者には劣っています。

 

 

また、金額面においても、引越し専門業者の中には、
軽トラックを所有している業者や、
混載便を扱っている業者も多いので、
条件にあった引越し業者と比較をすれば、
見積もり金額に大きな差はでないと思います。

 

 

見積もり時点で、赤帽が圧倒的に安ければ仕方ありませんが、
多少の金額差であれば、
補償やオプションが充実していて、
安全に運んでもらえる引越し専門業者をおすすめします。

 

 

>>知って得する!引越しマメ知識集のページに進む