引越し見積もりの値引き交渉の流れ

MENU

引越し費用は値引きしてもらえるの?

引越し費用は、値引き交渉が可能です!

 

私の経験上、1〜3万円程度は簡単に値引きしてくれます。
引越し利用者の口コミサイトなどでも、
5万円以上安くなったという口コミを目にすることも珍しくありません。

 

引越し見積もりの値引き交渉の流れ - 格安引越し業者比較サイト

 

前ページで先述した簡単なポイントを踏まえつつ、
私が実際に値引き交渉をした時の流れをご紹介します。
当初の見積もり98,000円から68,000円まで安くできました。
ご参考にしていただければ幸いです。

 

<私の値引き交渉例>

受付担当: お電話ありがとうございます。〇〇引越センターです。

 

私: あ、先日見積もりをとってもらった□□というものです。

 

受付担当: □□さんですね。お見積りありがとうございます。
もう引越し業者さんはお選びになられましたでしょうか?

 

私: いえ、まだちょっと悩んでるんですけど、
以前の見積もりで、“98,000円”とうかがっていたのですが、
多少日にちが前後しても構わないので、もう少しお安い日ってありますか?

 

受付担当: お調べしますので、少々お待ちください。
特にご都合の悪い日程などはございますか?

 

私: 値段次第なんですけど、その週であれば問題ないです。

 

受付担当: 〇日か、〇日でご都合がよろしければ、
84,200円のお値段で頑張らさせていただきます。

 

私: それって遅い時間帯になったりしますか?

 

受付担当: いいえ、お時間は変わりません。
日中に作業は完了する予定になります。

 

私: そうですか....、んー。

 

受付担当: 何か他にお手伝いできることはありますでしょうか?

 

私: 実は、他社でけっこう安いところがあったのですが、
そういうところって頼むのがちょっと心配なんですよね。

 

受付担当: もし、お値段を教えていただければ、
当社もできる限り頑張らせていただきますよ^^

 

私: かなり差があるので、参考になるかわかりませんが、
一番安いところは3万5千円弱でした。

 

受付担当: 少々お待ちください。

 

(保留音)

 

受付担当: お待たせいたしました。
申し訳ありません。当社の方で最大限頑張らさせていただいて、
68,000円でのお引越しでしたらご案内が可能です。

 

私: え?いえいえ、とんでもないです。そんなに安くしていただけるんですか?

 

受付担当: はい。ただあまり大きな声では言えないお値段ですので、
このお電話でご成約いただいた場合のお値段になります。

 

私: ちょっとびっくりしました。
それって当日の予定とか作業内容変わったりしますか?
(※重要です。必ず聞いておきましょう)

 

受付担当: いいえ。内容の変更はございません。
責任を持って承らせていただきます。

 

私: それではお願いします。ありがとうございます。

 

私は毎回、こんな感じで見積もり金額を下げてもらっています^^
ポイントは、担当者さんにしっかりと検討していることを伝えることです。
私は口下手な部類に入る人間ですが、
自然な流れで先方さんから値段交渉をしていただけます。

 

 

無条件で値引きをしてもらえることも多いです。
こちらから「値引きしてよ」と持ち掛ける必要はありません。
値段交渉をすると、大半の業者さんからは、
即決を求められることになるので、本命の1、2社くらいにしておきましょう。

 

 

さらに検討したい場合は、契約をしてしまっても、
引越し予定日の、2日前までであればキャンセル料は発生しませんが、
ダンボールなど、無料の梱包資材を受け取った場合は、
その分の料金を要求される可能性があります。

 

<引越契約の解約料金(キャンセル料)>

・引越し当日 … 引越し費用の20%以内
・引越し前日 … 引越し費用の10%以内
・その他、付帯サービスに要した費用(見積もり書に明記されたものに限る)

 

>>『単身引越し』選ぶならどっち?引越し業者vs運送業者のページに進む