引越し費用を安くする方法

MENU

引越し費用を安くする方法〜引越し費用は安くなるのが常識?

引越しの見積もり金額は安くなるのが当たり前です!

 

特別割引25000円と請求額合計64800円

 

私が実際に、たくさんの引越し業者から見積もりを取った結果、
こう断言できてしまうほど、ほとんどの引越し業者で安くなることがわかりました。
最初の見積もり金額で契約するのはもったいないです。
ちょっとした工夫をするだけで、簡単に数万円も安くなってしまいます。

 

 

そもそも、なぜ引越し費用は安くなるのでしょうか?
それは、引越しの料金設定がとても曖昧なものだから。
同じ条件で見積もりをとっているにも関わらず、
業者によって2倍以上の差がでることからも、それは明白です。
見積もり担当者の“さじ加減”と言っても過言ではありません。

 

 

つまり、見積もり担当者さんとうまく話を進めることができれば、
見積もり金額が安くなる可能性はグッとあがります。
引越し費用を安くするためのポイントをまとめてみました。

 

項目ドレッサーをそのまま運ぶのと解体してダンボール大1つにするのどちらが安い?

 

ドレッサーの他タンスや組み立て式のラック・ベッドもそうですが、
バラバラに解体して運びやすくする(ダンボール大1つにする)
料金が安くなるのでしょうか?

 

これはその時によります。
引っ越し単身パックのように荷物量が決まっている場合、
バラバラにした方がかさばらずきれいに積み込めるので安くなることがあります。

 

営業に見積もりをしてもらう時に、
バラバラにしないで荷物を全部積み込めるか?
聞いてみると良いです。
バラバラにしなくても積み込めるならば、
ドレッサーはバラバラにしないで問題ありません。
解体するのは面倒ですからね。新居でもすぐに使えますしね。

 

解体しないと積み込み切れない!
ということであれば、バラバラにするのが良いでしょう。
引っ越し単身パックは荷物量が少ないのでバラバラにしないといけない可能性が高いです。
家族の引っ越しやトラック1台丸々荷物を積み込む予定であれば、
解体しないでOKな場合が多いです。

 

と言うわけで、大きな家具を解体した方が良いか、
解体する必要はないか気になる場合
見積もりを取得する際に聞いてみましょう。

 

 

項目誠意のある対応を心掛ける

 

まず、大前提として言えるのは、こちら側も誠意を見せることです。
値引きを期待するあまり、「値引きしないと契約しませんよ?」
という態度をとるのは良くありません。
それでは、引っ越し業者さんから早々に話を切り上げられてしまいます。

 

 

引っ越し業者の見積もり担当者さんに、
「この人はちゃんと検討してくれているんだな」
と思ってもらうことが大切です。これが一番重要。
かといって、妙にかしこまる必要はないので、
自然に対応する程度で十分です。

 

 

こちらも誠意を見せることで、
無条件で値引きしてもらえることも珍しくありません。

 

項目引越し業者の都合に合わせてあげる

 

 

引越し費用は業者側の都合で金額が決まります。

 

忙しい日には高くなり、暇な日には安くなります。
一日違うだけで数万円もの差がでることもあるので、
見積もり時には忘れずに、安い日程を聞いておきましょう!
「〇日〜〇日の間で安い日はありますか?」と聞けば、
必ず教えてもらえます。

 

 

また、一日の中でも他の利用者との都合によっては、
午前と午後の便で値段が変わることがあります。
業者の都合を知らずに時間指定すると無駄に高くなってしまいます。
時間指定をしても、忙しい日では指定時間より遅れてくる可能性もあります。
安く、ゆとりを持って作業できる時間帯を確認しましょう。

 

引っ越し業者は効率よくスケジュールを組みたいと思っているんです。
そのスケジュールに合わせますので、金額を安くしていただけますかね?」という交渉方法が一番効きます。
お互いに無理ない減額方法です。

 

 

項目他社の見積もりを提示する

 

 

値引き交渉の材料として、
他社の見積もり金額を提示するのも良い手段です。
引越し業者同士で競合してくれるので、大幅な値引きも期待できます。
複数社で見積もりをとって、安い業者を見つけても、
安すぎるところに頼むのはちょっと不安でもあります。
やり過ぎは不安も伴いますよね。

 

 

「安くても、安心のできる引越しがしたい」
そんなときに、少し高めの引越し業者さんとうまく交渉をすることで、
充実したサービスを安い金額で受けることができます。

値引き交渉は、必ず一社ずつしていきましょう!
同時訪問見積もりは絶対にしてはいけません。

 

私昔短期アルバイトやってたのですが、
見積りの荷物の量より実際の量が
オーバーしてしまって運べないケースが1番困ります。
もちろん客、業者ともに大迷惑です。
なので営業員の荷物量の目利きは本当に大事です。
安い引っ越し料金で契約することも大事ですが、
引っ越し当日にトラブルが起きないよう正確な申告をしましょう。

 

>>引越し見積もりの値引き交渉の流れのページに進む