閑散期と繁忙期

MENU

安く引越しできる時期があるって本当?

引越し業界には、高い時期と安くなる時期があります。

 

引越す時期をずらすだけで、
とても安く引越しができるので、知っておくと便利です。

 

引越し業界の閑散期と繁忙期

 

引越し業者が忙しい時期を『繁忙期』といい、
利用者が増えるため、引越し料金が高騰します。
逆に、引越し利用者が少ない時期を『閑散期』と呼び、
引越し業者が暇になるため、
とても安く引越しをすることができるようになります。

 

<閑散期>
1月:年明けから引越しをする人は少ないため。
6月:雨が多く、条件の良い物件も少ない。
11月〜12月:年末は忙しく、引越しをする人が少ない。
<繁忙期>
2月下旬:新生活に向け、引越しをする人が多い。
好条件の物件情報も出回り始める。
3月〜4月:進学や就職、転勤など、
最も引越し利用者が多くなる。
7月〜8月:夏休みに入り、利用者が多くなる。

 

年間で最も安いのは、梅雨時期の6月。
最も高くなるのは、3月〜4月です。

 

繁忙期と閑散期で、どれくらい金額に差がでるかというと、
値上げ幅は各社で異なりますが、
引越し相場が、繁忙期は閑散期の2倍〜3倍になります。

 

 

荷物の内容が変わらなくても、
閑散期で10万円でできる引越しが、
30万円まで膨れ上がることもあります。
逆もまた然りです。

 

 

ただ時期が違うだけで、
サラリーマンの一ヶ月分のお給料位の違いがでます。
また、繁忙期では値段交渉が難しくなり、
サービスの質も低下する傾向にあります。
可能であれば、時期を調整して引越しをすることをおすすめします。

時期をずらせない場合はどうすれば良いか

 

繁忙期の相場が高くなるとはいえ、
引越しの時期をずらせない人も多いはずです。
3〜4月は、進学や転勤などがありますし、
その時期に合わせて、不動産業界には優良物件が出回ります。
急に引越しが決まる場合もあります。

 

 

そんな場合でも、ちょっとした工夫をすることで、
比較的安く引越しをすることができます。

 

ポイント フリータイムプランを利用する

 

 

時期を問わず言えることですが、
引越し業者に“お任せ”すると安くなります。
業者さんの都合の良い時間帯にすべりこませてもらいましょう。
繁忙期で時間指定をすると、ものすごく高くなりますし、
それにも関わらず時間通りに来ない場合が多いです。

 

ポイント繁忙期がお得な業者に頼む

 

 

繁忙期は引越しが混み合う為、それを見越して、
値上げ幅を少なく設定している業者も存在します。
地域密着型の引越し業者に多い傾向にありますが、
大手では、ヤマトホームコンビニエンスや日本通運などがあります。
この2社は、閑散期でも安くしすぎることもないのですが、
その分、繁忙期の値上げ幅が少ないです。

 

ポイント条件にあった業者を探す

 

 

繁忙期は、相場が高くなる分、
業者によっての金額差も大きくなる時期です。
十万円以上の金額差がつくことがザラにあります。
日程や時間帯をどうしても変更できない場合は、
自分の条件にあった業者を根気よく探しましょう。

 

>>引越しトラブルの対処法のページに進む